ビフィリゴ10000 アトピー
サプリの対象者としてどんな人が飲むと効果的かというのはだいたい表記されていることが多いですよね。

“最近○○だと感じている人”といったように向いている人が記載されていると、自分に当てはめて考えられるのでサプリを選ぶ際の基準ともなりますよね。

ビフィリゴ10000もサプリメントのため、どんな効果がありどんな人に向いているかが表記されています。

ビフィリゴ10000は機能性関与成分であるビフィズス菌BB536が腸内環境を良好にして、便通を改善させる効果に優れています。

腸内環境を整えるという部分が大部分を占めますが、アトピーに対しては作用するのでしょうか。

アトピーに対してビフィリゴ10000は効果があるのでしょうか。

アトピーに効果を発揮するとしたらどのような成分が作用しているのでしょうか。

ここではビフィリゴ10000はどのような効果をもち、またアトピーに対してどのような効果を発揮するのかを見ていきます。

ビフィリゴ10000にはどんな効果がある?

ビフィリゴ10000は機能性表示食品であり、機能性関与成分としてビフィズス菌BB536を配合し、腸内環境を良好にして便通を改善する効果があります。

そのため、いつも出そうででない・スッキリしない・毎日どんよりする・お腹がさえないといった悩みを持つ方に対して効果を発揮しやすいものでもあります。

腸内環境を改善するためにはビフィズス菌が有効であるというのは聞いたことがあるという方が多いでしょう。

毎日運動をしていても、野菜を食べていても腸の働きがあまり良くないという方はビフィズス菌が減少しているという可能性があります。

ビフィズス菌は加齢や運動不足、食生活の乱れやストレスによっても変化してしまいます。

腸内環境を整えることは健康でいるためにも非常に大事なことなので、毎日すっきりしないという方や便秘気味という方にビフィリゴ10000は向いていると言えます。

ビフィリゴ10000に含まれるビフィズス菌BB536を摂取することで、腸内のビフィズス菌が増えることや排便回数が増えることが臨床試験の結果で明らかにされています。

これだけでもビフィリゴ10000が腸内環境を良好にして便通を改善するということがわかりますが、ではアトピーにはどう作用するのでしょうか。

ビフィリゴ10000でメインとなる成分はビフィズス菌BB536ですが、その他にも乳酸菌EC-12やイソマルトオリゴ糖といったサポート成分が配合されています。

このサポート成分である乳酸菌EC-12がアトピーに対して効果を発揮するとされる成分なのです。

乳酸菌EC-12がアトピーに効果的?

ビフィリゴ10000には乳酸菌EC-12が1日あたり1兆個含まれています。

乳酸菌EC-12は生菌とは異なり、胃酸による減少が少ないとされる乳酸菌です。

菌のサイズが他の菌よりも小さいため、大量に摂取することができビフィズス菌と共に腸内環境をサポートする効果に優れています。

アトピーは免疫細胞のバランスが乱れることが原因の一つとしてあげられます。

細胞同士(Th1細胞、Th2細胞)はバランスが崩れないようにと互いにバランスを保っていますが、何かの拍子にこのバランスが崩れてしまうことがあります。

ひとつの細胞(Th2細胞)が過剰に働くことでバランスが崩れアトピーのようにアレルギー性疾患を発症することがあります。

この細胞(Th2)と腸内の悪玉菌とは関連性があり、腸内で悪玉菌が増えてしまうとアレルギー性疾患を発症させる細胞が働いてしまうということが起こるため、悪玉菌を減少させて善玉菌を増やす必要があります。

ビフィリゴ10000の成分の中のひとつである乳酸菌EC-12は腸内環境改善だけではなく、免疫力強化、そしてアトピー性皮膚炎改善の効果があるとされています。

細胞同士(Th1細胞Th2細胞)のバランスを改善させる効果があるため、ビフィリゴ10000を摂取すれば体内で細胞バランスが整い、悪玉菌を減少させることができます。

整腸作用がある善玉菌の働きによって、悪玉菌を減少させることがアトピーにも作用するということですね。

ビフィリゴ10000にはアトピー性皮膚炎を改善する効果をもつ善玉菌が配合されているため、飲み続けることで整腸作用だけではなくアトピーへの効果にも期待がもてるということになります。

アトピーにビフィリゴ10000は効くの!?どの成分が有効?:まとめ

ビフィリゴ10000にはビフィズス菌BB536、乳酸菌EC-12、イソマルトオリゴ糖が含まれています。

乳酸菌EC-12はアトピー性皮膚炎に効果を発揮するとされています。

ビフィリゴ10000は乳酸菌EC-12を1日あたり1兆個摂取することができるので、アトピーに悩む方にも有効と言えるでしょう。

腸内を快適にしながら、アトピー性皮膚炎の改善効果を狙ってみてはいかがでしょうか。