ビフィリゴ10000 潰瘍性大腸炎
腸内環境を整えることは健康を維持するのに必要不可欠であると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

便秘や下痢、お腹の張りなどからくるストレスで心の状態が不安定になることもあり、逆に心が不調だとそれに合わせるように腸の調子も悪くなることもありますよね。

腸が関連する病気では過敏性腸症候群や胃腸炎、潰瘍性大腸炎などが有名ですよね。

ビフィリゴ10000は薬ではなくサプリなので薬よりも気軽に飲めるという点や、薬よりも他の臓器に負担をかけることが少ないといったメリットがあります。

潰瘍性大腸炎は有名人の中にも患っていることを告白した方が多く、原因不明の病気とよばれることで知られています。

そんな潰瘍性大腸炎にビフィリゴ10000が効果的ということであれば、これは朗報ですよね。

潰瘍性大腸炎にビフィリゴ10000は有効なのでしょうか。

ここでは潰瘍性大腸炎はどんな病気でどんな治療が必要なのか、そしてビフィリゴ10000で症状を緩和することはできるのかを調査していきます。

潰瘍性大腸炎はどんな病気?

まずビフィリゴ10000と潰瘍性大腸炎の組み合わせを見る前に、潰瘍性大腸炎がどういった病気なのか、なぜ起こるのかという部分を知っておきましょう。

潰瘍性大腸炎は炎症性腸疾患のひとつで、原因は不明とされています。

大腸の粘膜に炎症が起きることによって、びらんや潰瘍ができる慢性の病気です。

難病に指定されていますがただちに命に関わる病気というわけではなく、原因不明という点や根治に至る治療法がないという点が大きく、それでも適切な治療を受けることで日常生活に支障をきたすことなく過ごすことができます。

潰瘍性大腸炎の症状は、下痢、血便、腹痛、貧血、発熱、体重減少などがあげられ、なかには合併症を起こすこともあります。

下痢や軟便の状態が持続的、反復的に起こり中には1日に何十回もトイレに行かなけらばならない状態になることもあります。

比較的若い世代の20~30代に発症しやすいとされていますが、50代~60代で発症することもあり男女差はありません。

原因不明と言われていますが、腸内細菌の関与や自己免疫反応の異常が原因で起こるのではないかとも考えられています。

他にも遺伝や食生活、ストレスにより症状が悪化することも指摘されているため、原因がいまだ明らかになっていないということが言えるのです。

潰瘍性大腸炎は良くなったり悪くなったりを繰り返すため、初期はどのタイミングで病院に行くべきなのか悩んでしまう方もいると思います。

重症になると入院をして投薬をする必要がでてくることもありますが、症状が比較的軽い場合は内服による治療を行うことで日常生活を送ることができるため、早めに病院にかかり適切な処置を受けることが必要となります。

潰瘍性大腸炎の薬物治療には、5‐アミノサリチル酸薬、副腎皮質ステロイド薬などが使用されます。

こうした面を見ているとビフィリゴ10000で症状を緩和できるわけではなさそうなのでは?ということが予想できます。

ビフィリゴ10000は潰瘍性大腸炎に有効?

潰瘍性大腸炎は原因不明と言われていますが、食生活やストレスにより誘発されているのでは?とも考えられています。

そのため腸内環境を整えるといった意味ではビフィリゴ10000は有効だと考えられます。

もともと日本よりも欧米で見られる病気であり、潰瘍性大腸炎の日本の患者数は欧米の半分とも言われています。

しかし日本の食生活が欧米よりになっていることで脂質の多い食事が増え、潰瘍性大腸炎の患者が日本でも増えつつあることも現状としてあります。

潰瘍性大腸炎の患者には腸内の善玉菌が減り、悪玉菌が増えるという傾向も指摘されているため、腸内環境を整えて善玉菌を増やすということは潰瘍性大腸炎の症状の緩和や予防に繋がる可能性があります。

ビフィリゴ10000にはビフィズス菌BB536、乳酸菌EC-12、イソマルトオリゴ糖が含まれています。

この中のビフィズス菌BB536は酸に強く生きたまま大腸に届き、大腸で乳酸と酢酸を作り出し酢酸の殺菌作用により悪玉菌を退治する効果があります。

そうした効果によりビフィズス菌が腸内に増え、排便回数が増えたりという腸内環境が整う効果が見込まれています。

潰瘍性大腸炎を疑う場合は、早めに医療機関にかかることが大前提としてあげられますが、潰瘍性大腸炎の予防といった意味では腸内環境を良好にするビフィリゴ10000は効果的とも言えるでしょう。

潰瘍性大腸炎とは?ビフィリゴ10000で症状が緩和する?:まとめ

ビフィリゴ10000を飲んでいれば潰瘍性大腸炎の症状が良くなるというわけではなく、あくまでも腸内環境が整うことで症状の緩和に有効かもしれないと考えられます。

食生活の欧米化が進む中で腸内の悪玉菌が増えて、善玉菌が少なくなってしまう状況を避ける予防としてビフィリゴ10000は有効と言えるでしょう。

潰瘍性大腸炎かもしれない、症状が辛いという方は自分で判断せずに必ず医師の診断を受けるようにしてくださいね。